2010年03月18日

「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁(時事通信)

 北海道釧路市で漁船員の男性を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた知人の漁船員阿部和行被告(66)の裁判員裁判の初公判が16日、釧路地裁(金子大作裁判長)で開かれた。阿部被告は起訴内容について、「殺すつもりはなかった」と述べ、殺意を否認した。
 弁護側は被害者の致命傷について、第三者が止めに入ってもみ合ううちに包丁が刺さり、死に至ったとし、傷害罪にとどまると主張した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任
強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却

<火災>民家から出火 男性?1人死亡4人搬送 大阪・茨木(毎日新聞)
衆参両院の4月補選なし(産経新聞)
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)
DSなどヒット商品増加=税関での不正コピー摘発−09年(時事通信)
<幻冬舎>業務上横領で元局長に実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
posted by オオスミ ミツマサ at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。